学校案内

学校法人近江育英会
近江高等学校 理事長

夏川 智亜

本校の歴史は昭和13年、私の祖父が社会に貢献する優れた人材の育成を目指し創立したことに始まります。校訓「誠実にして勤勉」の基となっている、創立者の「企業は人なり、人は教育にあり」という思想を受け継ぎ、施設設備の拡充や、経験に裏打ちされた高い人間性を有する教師陣の形成に努めてまいりました。本校の大きな特徴は、多様な価値観や夢を持つ生徒によってつくり出される校風にあります。さまざまな個性に触れて視野を広げながら、自らを見つめ揺るぎない自信を築いてください。互いに認め合い高め合う場であるとともに、そうした交流を通じて新しい何かが生み出される場であってほしいと願っています。

学校法人近江育英会
近江高等学校 校長

松村 良樹

わたしは、フランスの詩人ルイ・アラゴンの「教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸に刻むこと」という言葉が好きです。なぜなら、私たち教員が皆さんにとって希望を語る存在であり続けること、皆さんが学びに対して誠実に向き合ってくれることを、心から願っているからです。私たちと共に、また仲間と共に、どのように生きていくべきかを考え、何をすべきかを議論してほしいと思います。本を読んで、先人の思いを引き継いでほしいと思います。人生は夢の実現にあります。その原動力となる高い人間性を身につけるために、誠実を胸に刻んで、自らの意志であなたらしく、歩みを進めていきましょう。

校訓・教育方針

校訓
誠実・勤勉
スクールモットー
夢を語ろう 誠を尽くそう 高みを目指そう
教育方針
私学としての独自性をもち、生徒の進路希望・能力・適性に応じ、豊かな個性と明朗闊達で
誠実・勤勉な人物を育て、もって将来社会の発展に貢献できる人材を育成する。

校歌

近江高等学校校歌

木俣 修 作詞 平井 康三郎 作曲

  • 一、

    湖の街 彦根の空
    雲と明かりて うるわしき
    白亜の校舎 ここにして
    窓うち開く 若人の
    声こそ ひびけ ほがらかに
    学べよ 深く わが真理
    ああ われら 近江高校

  • 二、

    さ緑の木々 古城の下
    風は光りて まさやけき
    真砂の庭べ ここにして
    眉秀でたる 新人の
    意気こそ あがれ ひとすじに
    鍛えよ 強く わが生命
    ああ われら 近江高校

  • 三、

    鳰鳥の群 ささ啼く堀
    水は匂いて かぐわしき
    三年の通路 ここにして
    幸ゆたかなる 青春の
    胸こそ おどれ のびやかに
    育くめ 高く わが理想
    ああ われら 近江高校