トピックス

保健室通信


本校でもかぜ・インフルエンザの欠席が多くなり、インフルエンザの診断をされる生徒も出てきました。感染拡大を防ぐため、以下の点に注意してください。

※かかったかなと思ったら、早めに医療機関を受診しましょう。

◆インフルエンザ予防のために
(1)できるだけ人混みを避け、手洗いを徹底しましょう。
(2)咳が出るときは、マスクを着用し、咳エチケットを守りましょう。
(3)意識的に水分補給(※緑茶が特に効果的)をしましょう。
(4)栄養と休養を十分にとりウイルスに負けない強い身体作りをしましょう。
(5)重症化を防ぐために、ワクチンを接種しましょう。

◆ウイルスに負けない強い身体作り
(1)食事(※三食栄養たっぷり)をきちんととる。
(2)睡眠をたっぷりとる。
(3)過労をさける。疲れをためない。

▼医師よりインフルエンザと診断された場合、出席停止となります。担任へ診断書を提出してください。期間は「発症後5日を経過し、解熱後2日を経過するまで」です。抗ウイルス薬の服用によって、熱が早く下がるようになりました。感染力が残った状態で登校しないよう、集団での流行を防ぐために注意してください。
▼インフルエンザや風疹等の感染症で出席停止期間を必要とする場合、病院等で証明書を発行してもらって提出すれば欠席になりません。プリントアウトして使用してください。 >>【各種関係機関証明書

«

»