国際教育

国際化が加速している今日、国際語として英語の習得は不可欠です。それも使える、生きた英語でなければ意味がありません。近江高校では、実際に外国に行った場合でも、空港やレストラン等で日常会話程度ができるように、外国人教師から楽しい雰囲気で本物の英会話を学べる授業【オーラルコミュニケーション】を、日本人教師とチームティーチングで展開しています。海外修学旅行や夏期海外語学研修で、積極的に話してみましょう。

海外修学旅行

実際の外国で国際感覚を磨く

2年生の12月に3泊5日で、英語の授業の実践として海外へ赴いています。近年は平和学習を軸としてハワイへ行き、ウォークラリーをしながら街を散策したり、現地の人々や大学生と交流したりするなど、実際に歴史や異文化にふれながら知識を深め視野を広げています。

夏期海外語学研修

海外の生活を実際に体験する

夏期休暇中に希望者を対象として、約10日間の海外研修を行っています。日本とはまったく違う生活、文化にふれることで、新たな視点で自分を見つめ直します。いつもと違った言葉を使い、いつもと違った食事をして過ごす時間は、きっと視野を広げる貴重な機会となることでしょう。過去にはイギリス・ケンブリッジ大学の一つ、美しい庭園と歴史のある「リドリー・ホール・カレッジ」のキャンパスで行いました。近年は、ビジネス英語レッスンで定評あるセブ島の語学学校への短期留学に参加しています。