アドバンスコース

「文武両道」をモットーに難関大学への合格を目指す準特進コース

90%以上の生徒が部活動に所属。全国大会への出場・入賞実績を誇り、高い目標を掲げるクラブが多いなか、個々に工夫をしながら充実した学校生活を送り、知力・体力・人間力を培います。勉強と部活動の両立は、試行錯誤しながら、効率的な学習方法を考え、課題の解決に努め、成功体験を積み重ねていく過程でもあります。そんな3年間を通じて、受験勉強はもちろん、社会で困難に直面した時にも立ち向かい、乗り越えることのできる精神力と自信を育みます。

おもな現役合格実績(3ヵ年)

私立大学

  • 明治大学
  • 関西学院大学
  • 関西大学
  • 同志社大学
  • 立命館大学
  • 同志社女子大学
  • 京都産業大学
  • 近畿大学
  • 甲南大学
  • 龍谷大学
  • 中京大学
  • 関西外国語大学
  • 京都橘大学
  • 京都外国語大学
  • 大阪音楽大学 ほか

看護医療系

  • 滋賀県立大学
  • 京都橘大学
  • 兵庫医療大学
  • 滋賀県立総合保健専門学校
  • 滋賀県立看護専門学校 ほか

FAQ

なぜ、全員が勉強と部活動を両立できているの?
学習習慣を確立する環境を整えているからです。

朝の教室では全員が席に着き、毎日行われる小テストに向けて勉強しています。この積み重ねは、学習習慣の確立につながるだけではなく、コツコツと努力する大切さに気づくことにもつながります。また小テストは、小さな達成感から自信と前向きに取り組む姿勢を培えるよう、連続合格・全員満点を目指せるレベルにしています。

もともと自主性を備えていないと両立は難しい?
自主性を育むクラス環境を作っています。

体育祭や文化祭などの行事において、クラスで団結して企画・運営を行うことにより、自主性を育む上で大きなポイントが自然と育まれます。教室を自習室として使えることも、自主性を育むうえでの大きなポイント。仲間が勉強している姿を見て「自分も頑張ろう」という気持ちになり、一緒に勉強する仲間が増えていくケースが多く見られます。

どちらも手を抜かず、結果を出すための秘訣は?
時間の有効活用がカギになります。

朝練前のちょっとした時間に小テスト対策の勉強をしたり、放課後の練習終了後に教室で自習をしたりと、学校生活の中のちょっとした隙間の時間を上手に使っている生徒が多く見られます。また3年から、7・8限目に特別進学講座『特講』を開講します。希望制なので、夏の大会が終わった後から参加することも可能です。

アドバンスコース2年文系/吹奏楽系時間割(2017年度)

  • カリキュラム選択は2年進級時に行います。
  • 普通科3コースでは2年進級時に、進路希望や成績によってコース変更希望が認められる場合があります。
  • 3年次には希望者対象に特講(7・8時限)を実施しています。

Student’s & Teacher’s Voice

「文武両道」をしっかりと体現できる場所

近江に入学して良かったと思うことは、勉強とサッカー部との両立が出来る環境が備わっているということです。僕の目標は、熱心に指導してくださる先生方のもと、全国高校サッカー選手権大会に出場し、近江高校サッカー部の伝統を作ることです。中学生の皆さんも、夢と目標をしっかりと持って高校選択をして下さい。

アドバンスコース2年
(彦根市立東中学校出身)

竹村 健汰さん

熱く高校生活を満喫できる環境

アドバンスコースは、中学時代に学級委員や部長を経験したことのある生徒が多く、積極的で他人のことも考えられる配慮のある生徒が多いと感じています。高校3年間という限られた時間に部活と勉強を両立するために、自ら試行錯誤しながら困難に立ち向かい、成功体験を重ねることが自信につながります。問題に直面した時の前向きな姿勢や自ら見つけた自分なりの「やり方」は、将来社会に出た時に必ず武器になると考えています。

アドバンスコース3年担任
(英語科/ESS顧問)

垣谷 香織先生